パイパンにする(陰毛を剃る)メリットは?

パイパンにする(陰毛を剃る)メリットは?

海外では下の毛を剃ってしまってパイパンにしてる人も少なくないんですよね。
これには海外の人ならではのメリットがあるからのようです。

 

陰毛を剃る理由は、スッキリするからとか、性的な趣味・嗜好でというだけではないんですね。

 

下半身のニオイケアのためにパイパンにしている

海外の人のほうが体臭がキツイですよね。
特に欧米人は体質的にニオイが強く、そのために香水が広く使われてもいます。

 

ニオイ事情は下半身も同じ。
日本人よりもかなりニオイ自体が強そうですよね。

 

で、下半身のニオイが溜まるのが陰毛です。
臭ってくるのは性器からですが、ニオイは陰毛にたまってしまいます。

 

髪の毛についたタバコのにおいがいつまでも消えないのと同じようなもの。
あれと同じことが下半身でも起きています。

 

しかも、髪の毛よりも縮れ毛である陰毛のほうがニオイの保存効果は高いのです。
さらに、下半身のほうが下着でおおわれているので蒸れてしまいます。

 

となると、臭わないほうが不思議。
それなら、剃ってしまおうというのが海外の人の発想です。

 

陰毛がなければニオイが溜まるところもないですし、蒸れることもありません。
下半身さえ清潔に保っておけばOKです。

 

なんとも合理的な考え方ですよね。
自分の体臭(特に下半身の)が気になるという人はマネしてみるとイイかもしれません。

 

パイパンにして困ること

ただ、日本ではパイパンにしてるのは性的嗜好のためだけと思われがちですよね。
ちょっとアブノーマルな趣味の持ち主と思われてしまうような…。

 

普段は陰毛を他人に見られることはないのですが、困るのは温泉など。知らない人にでも好奇の目で見られるのはいい気分ではないですし、一緒に行った友人にヘンに気を遣われるものイヤですよね。

 

そんなときは、一時的に陰毛用のカツラを利用してしまうのもアリ。
陰毛かつらという商品があって、けっこう売れてるのもこうした理由です。

 

気になる方は、下記のビーナスベールなどをチェックしてみてください。
貼るタイプのカツラなので、使用方法もカンタンです。

ビーナスベールを公式サイトでチェック