エッチで濡れやすくなるために

エッチで濡れやすくなるためにしておきたいこと

女性のカラダはデリケートなので、ちょっとしたことでエッチのときに濡れにくくなってしまうものです。
一度、そうしたことがあると、またなってしまうんではないかと不安になり、それが悪い影響を及ぼすことも。

 

ちょっとしたことで濡れにくくなるということは、反対に考えれば、ちょっとしたことで濡れやすくもなるものです。
そこで、エッチのときに濡れやすくなる方法を紹介したいと思います。

 

なお、下記のサイトを参考にしました。
(参考サイト:エッチで濡れやすくなるヒミツの方法

 

エッチの前の水分補給

エッチする前に水分補給ってしてますか?
熱中症対策のように意識して水分を摂っている人は少ないのではないでしょうか。

 

食事のときにアルコールなどを摂っているだけでは不十分です。
別に、がぶ飲みしなくてはいけないというわけではありません。

 

意識的に水分を摂ってみる
これを行っているのがAV女優さんたちだそうです。

 

アダルトビデオの撮影は長時間に及ぶもの。

 

だからといって乾いてしまっては、痛いだけです。
また、シーンによってはローションでごまかすこともできないとか。

 

カラミのシーンでは濡れてないといけないんですね。
そのためにAV女優さんたちが行っているのが、こまめな水分補給。

 

アルコールではなくて、ノンアルコールで。
ミネラルウォーターの人が多いそうです。

 

そんな単純なことで?と思うかもしれませんが、体内が水分不足になってしまっては、濡れにくくなるのは自然なことです。

 

いままで意識してなかった人はエッチの前の水分補給を気にしてみてください。

 

ほどよい「ひとりエッチ」

男性の場合は「ひとりエッチ」をガマンしたほうがエッチのときに溜まったものが放出できるのですが、女性の場合は違うそうです。

 

女性が「ひとりエッチ」をガマンしてしまうと、カラダのスイッチが入りにくくなってしまうのだとか。スイッチが入りにくい=濡れにくいというわけ。

 

なので、定期的にカラダにスイッチを入れるためにも、ひとりエッチをしておいたほうが良いそうです。

 

ただし、あまりに激しいひとりエッチだと、それでしか感じなくなってしまい逆効果。あくまで、激しすぎない「ほどよい」ひとりエッチにしておきましょう。

 

ストレス解消方法を持つ

ストレスをためたいと思って生活している人なんていませんよね。
できればストレスなんて感じたくない。そう思っても溜めってしまうのがストレスです。

 

このストレスもエッチで濡れにくくなる原因のひとつ。

 

ストレスがかかっている生活では、とてもではないけど子供を産んで育てることができないと本能が感じてしまい、子どもを作ること(エッチをすること)への拒否反応がでてしまうのだそうです。

 

ナイトライフのためにも自分なりのストレス解消方法を持っておきましょう。

 

エッチへの好奇心

エッチに対して受け身一方なのもかんがえものだとか。

 

20歳前後の頃はそれでもカラダが自然に反応するのだそうですが、年齢とともに受け身一方では反応しなくなってくるもの。パートナーとのマンネリにもつながってしまいます。

 

「すごいテクニックを使う」なんてことは必要ありません。
ちょっと積極的になってみる。それだけでも新鮮な感覚が味わえるものです。

 

ヒトのカラダは使わない部分はどんどん老化(退化)していってしまうそうです。
いつもと違うことに挑戦してみましょう。

 

いろいろ想像したりしてみるだけでも刺激になるハズです。

 

濡れやすくなる媚薬

最後にエッチのときに濡れやすくなる媚薬(ラブコスメ)の紹介です。
リュイールホットというアイテム。

 

ジェルのようなものでできていて、エッチの前に女性のデリケートなところにひと塗りしておくと、自然と濡れやすくなってくるというものです。ローションとは違って、あくまで濡れやすくしてくれるアイテム。

 

ちょっと塗っておくだけなので、使っていることが彼(相手)にバレないというのも人気のヒミツ。リピーターも多い評判のアイテムです。

 

詳しくは下記からチェックしてみてください。

 

エッチで濡れやすくなるラブコスメ「リュイールホット」