エッチで濡れない女性向け

エッチで濡れない女性が試したい7つのこと

エッチで濡れないときに試しておくべきことをまとめました。

 

不感症で病院に行く勇気がないし、そもそもそこまでのことなのかわからないという女性は、まずは次のことを試してみてください。

 

(参考サイト「エッチで濡れやすくなるヒミツの方法」)

 

濡れないときに試したいこと【1】定期的で適度なオナニー

ひとりエッチはどのくらいの頻度でしてますか?
女性の場合は定期的にひとりエッチをしたほうがセックスのときに濡れやすくなるそうです。

 

男性はガマンして「ためて」おいたほうが、エッチのときに放出できるのですが、女性の場合はそうではありません。

 

あまりにもしないでいると感度が入るスイッチが鈍ってしまうのです。

 

また、新しい性感帯を見つけるのにもひとりエッチは欠かせません。

 

パートナーとのエッチだと、そこイイかもと思っても、なかなか続けてくれなかったり、中途半端だったりしますよね。

 

ひとりエッチなら、自分でココイイかもと思ったところを続けることができます。そうすることで、そこの感度がアップし、性感帯となってくれるのです。

 

こうしたことのためにも、定期的にひとりエッチをしておきましょう。

 

濡れないときに試したいこと【2】エッチの前の水分補給

シンプルなことですが、エッチの前に水分補給をしておくと濡れやすくなるそうです。実際にAV女優さんたちは、そうしてるのだとか。

 

ちなみに、アルコールは利尿作用があるのでマイナスだとか。ミネラルウォーターなどをこまめに飲むのが良いそうです。

 

カラダの中のうるおいって大切ですよね。

 

濡れないときに試したいこと【3】エッチの前のセルフマッサージ

冷え性の女性って多いですよね。
血液の巡りが悪い冷え性は、エッチのときも感度が落ちてしまうそうです。

 

エッチする前にセルフマッサージでカラダを温めておきましょう。

 

ただ、プールの前の準備運動みたいなのを彼の前でするわけにはいかないですよね。「どんだけエッチする気なんだよ」と引かれそうで…。

 

セルフマッサージと言っても下半身の血液の流れをよくするのが目的なので、シャワーを浴びてるときに足首を回すぐらいで十分です。

 

チョッとしたことですが試してみてください。

 

濡れないときに試したいこと【4】バランスの良い食事

偏った食生活がカラダに悪いことぐらい誰でも想像できますよね。
エッチにも悪影響がでてしまうそうです。

 

女性のカラダは、それだけデリケートなんですね。
普段からバランスの良い食生活を心がけましょう。

 

濡れないときに試したいこと【5】できるだけストレスをためこまない

「ストレスフリーな生活」なんて理想でも現実的にはむずかしいですよね。
ただ、ストレスをゼロにするとまではいかなくても、できるだけ溜めこまないようにしましょう。

 

ストレスをためこんでしまうのはカラダにも影響が出てきます。

 

こんな状況では「子供を産んで、育てることができない」とカラダが反応して、エッチに対する拒絶反応となることも考えられます。

 

できるだけストレスは少なく、溜めてしまったら解消!を心がけましょう。

 

濡れないときに試したいこと【6】ホンのチョッとの自己演出

エッチのときに演技をすることは悪いことではありません。
お互いが気持ちよくなるために「ちょっと演技」をするのです。

 

を出してみる。

 

それだけでも、「演技」です。
自然に声が出てしまうということもありますが、そもそも声は出そうと思って出してますよね。ふつうは。エッチのときも最初は、その延長だと考えましょう。

 

演技をすることが悪いことと決めつけてしまってませんか?もっと気軽に、お互いを高めるために声を出して、自己演出してみましょう。

 

自分の中での「盛り上がり」が違ってくるはずです。

 

濡れないときに試したいこと【7】ラブコスメを使ってみる

エッチの前に女性のデリケートなとことに塗っておくだけで、濡れやすくなるというラブコスメがあります。「リュイール ホット」というリピーターも多い人気のアイテム。

 

ローションと違って使ってることが彼にバレないというのが好評の秘密。気になる方は下記からチェックしてみてください。

 

エッチで濡れやすくなるラブコスメ「リュイールホット」