陰毛かつらビーナスベールの見た目をチェック

陰毛かつらビーナスベールの見た目は?

髪の毛用のかつらでも大切なのはつけているのがバレないことですよね。

 

カツラをしていることを笑いのネタに出来るマインドの持ち主や笑いにできる雰囲気なある場所なら、バレたほうが「オイシイ」のかもしれません。ただ、なかなかそんなことはないですよね。

 

バレたくない、知られたくないからカツラをしている人のほうが多いもの。
これが陰毛(アンダーヘア)用のカツラとなると一層そうですよね。

 

もともと恥ずかしいところだけに、それがカツラだとバレたとなると…。
バレた人には会えなくなってしまうほどではないでしょうか。

 

そこで、陰毛かつらビーナスベールは引っ張ってもはがれないということなので、はがれてバレる心配はなさそうですが、見た目であやしまれることはないのかチェックしてみました。

 

自然な感じの陰毛

まず陰毛そのものの部分は自然な感じです。
髪の毛の場合、色や髪質など人によって違い(個性)がありますが、陰毛はだいたいみんな同じですよね。

 

外国人で金髪というのなら話は別ですが、日本人であれば「黒くて縮れている」もの。
ビーナスベールもそのように作られています。

 

あえて言えば、着けてすぐはシール部分のテカリが光のあたり具合によっては目立つかもしれません。
(ビーナスベールはシールで貼るタイプの陰毛かつらになっています。)

 

ただし、これもつけて1日から2日もすれば、すぐに馴染んできます。
気になるという方は、必要になる直前ではなく、前日などにつけておいけば安心です。

 

そもそも、陰毛を他人からジロジロ見られるということは基本的にないので気にする必要はないのかもしれませんけど。

 

ビーナスベールを公式サイトでチェック