病気や治療で下の毛を剃ったあとに陰毛かつらを利用したケース

病気や治療で下の毛を剃ったあとに陰毛かつらを利用

病気や治療のために下の毛を剃ってしまったり、抜けてしまったりした人が陰毛かつら(アンダーヘアウィッグ)を使うというケースも多いようです。

 

剃ってしまった毛が元のように生えそろうのには時間が掛かりますし、治療の副作用で毛が抜けてしまったり、薄くなってしまう場合には、何らかの対策が必要です。

 

気にする必要はないという人もいますが、心理的にイヤですよね。
温泉旅行に行くことになったときなど、事情を知らない他人の目が気になってしまうものです。

 

陰毛かつらを使うことの治療への影響は?

陰毛かつら(アンダーヘアウィッグ)のイイところは治療への影響がないということです。

 

シールタイプで貼るだけのものですので、育毛剤のように飲んでカラダの中に作用するものではありません。
このため治療中の薬との副作用といったことを心配する必要がないのが特徴です。

 

何か影響があるとすれば、シールを張ることで肌がかぶれてしまったという程度です。
こうしたことであればカラダの外のことなので、一目でわかりますよね。

 

「病は気から」という言葉もあるように治療中は出来るだけ余計なことを心配しないようにすることも大切です。
「下の毛が薄くなっていやだな」と思っているのであれば、アンダーヘアウィッグの利用を検討してみてください。

 

そうした利用方法をしている人も増えているようです。

ビーナスベールを公式サイトでチェック