女性のデリケートゾーンの洗い方で気をつけること

女性のデリケートゾーンの洗い方で気をつけること

女性のアソコ(デリケートゾーン)の洗い方では気をつけなければイケないことがあります。

 

ちゃんと洗ってるはずなのにチーズのような独特の臭いがするという人は要注意。
間違った洗い方をしていると、ますます臭いがきつくなってしまうことがあります。

 

デリケートゾーンは洗い過ぎないようにする

女性のデリケートゾーンは洗い過ぎるとかえって臭いがきつくなってしまうことがあります。
これは必要な菌まで洗い流してしまうことによるものです。

 

「菌」というとわるいもののようなイメージがありますが、カラダにとって必要な菌、大切な菌というものもあります。女性器にもこれがあります(というかいます)。

 

臭いが気になるからと言って、ボディーソープや石鹸でゴシゴシしてしまっては必要な菌まで洗い流してしまうことになります。これはマイナス。

 

もちろん、洗う必要はあります。
洗わなければ臭くなるだけです。

 

ただし、洗い方に気をつけなければならないということです。

 

洗うのは外陰部

デリケートゾーンで洗うべきなのは外陰部(いわゆるビラビラのところ)です。
ここには分泌物などがたまりやすいので、やさしく洗い流すようにしましょう。

 

臭いが気になる人は、それだけでは不十分な気がして膣の中まで洗おうとしがちですが、これが必要な菌まで洗い流すことになってしまいます。

 

外陰部だけでは臭いが気になるという人は、ゴシゴシ洗うのではなく専用のニオイケアをするようにしましょう。

 

デリケートゾーンのニオイケア

デリケートゾーンのニオイケアは専用の石けんを使うのが効果的です。
ロングセラー商品で多くの人に使われているのが下記のもの。

 

泡で3分間パックするというものです。
詳しくは下記からチェックしてみてください。


ビーナスベールを公式サイトでチェック